方法を知る

ヘッドセットをした女

イタチは「鳥獣保護及び狩猟の適正化に関する法律(鳥獣法)」により管理されている動物で、一般人であっても業者であっても許可なく捕獲や薬剤を使用した駆除などを行うことができません。狩猟期間は北海道は毎年10月1日?翌年1月31日、北海道以外では毎年11月15日?翌年2月15日で、狩猟期間内であれば敷地所有者の許可があれば狩猟免許がなくても捕獲することができます。ただし、メスのイタチに関しては狩猟獣ではないため、機関に関係なく捕獲することができません。そのため、オスとメスの区別がつかない場合や自分で捕獲するのが不安な場合は専門の業者に依頼するか、駆除ではなく撃退してイタチが逃げ出すようにするのが良いでしょう。

イタチは強い光を嫌うため、夜間や暗い天井裏などで光を当てると逃げて行きます。ストロボ発光などの機能のある専用の忌避装置の設置や、クリスマス用のイルミネーションでも代用できます。アルミホイルやCDなど光を反射するものをぶら下げておくと、光が乱反射してより効果があります。市販の忌避剤を撒く方法もありますし、イタチの嫌う臭いを発するものを天井裏や床下などのイタチの住処の近くに置く方法もあります。イタチが嫌うのは、木酢液又はお酢やクレゾール石鹸液、漂白剤のカルキ臭などです。ただし、こういった撃退方法は一時的なもので、時間の経過とともに効果が弱まります。そのため、一度イタチを撃退しただけで安心するのではなく、撃退後速やかにイタチの侵入してくる直径3センチ以上の穴を塞ぎ、二度とイタチに住み着かれないようにすることが大切です。

早めに撃退する

フェンスと緑

イタチは、すばしっこい生き物のため捕獲することが難しいものです。また、捕獲ではなく撃退することが望ましく撃退することによって被害を抑えることが出来ます。また、イタチが侵入する場所も早めに防ぐことで侵入防止も行えます。

Read more

蟻の駆除

ペンを持つ作業服の男性

蟻は基本的にどこにでもいますが、蟻にも種類があり人に被害を与えるものもいます。また、衛生的にも良くないため早めに駆除すると良いでしょう。また蟻の駆除は専門の業者に依頼することが出来るため依頼すると良いでしょう。

Read more

駆除の依頼

ツタと草

ハチには、様々な種類が存在しますが人間に攻撃してくることもあるため大変危険な生物といえます。また、刺されることによって赤く膨れ上がる他にも最悪な場合死に至るケースもあるためハチ駆除は業者に依頼するようにしましょう。

Read more

いつでも利用可能

草と葉

コウモリは夜になると活動をするもので、夜中など住居に入り込まれた場合は夜眠れないというケースもあります。そのため、24時間いつでもコウモリ駆除を依頼することが出来る業者もいるため依頼すると良いでしょう。

Read more

ネットで調べる

木製の柵

シロアリは住居に使用されている木材などを食べてしまうため住宅被害に遭う他にも衛生面も良くないためシロアリ駆除を行なってくれる業者に依頼する必要があります。また、利用可能な業者はインターネットから調べることが出来ます。

Read more